おバイク日記

Dio→GSR250→Ninja650KRTと乗り継いでる人のブログ

ニンジャくんのハンドルを純正に戻したり、滋賀のめんたいパークに行ったりした話

ニンジャくんのハンドルバーを純正に戻した。しかしバーエンドは純正の方が取り外す際に傷が着いていて見栄えが良くなかったのでポッシュのヘビーバーエンドを採用、名前の通り重量があるので純正よりもハンドルの振動を減少させることができるらしい。Ninja650対応のバーエンドはネットでそれなりに探してみたけど、ポッシュ製品は売り切れで入荷未定の色がほとんどで金色しか残ってなかった…しゃーないので金色バーエンドを採用。グリップはデイトナでなんかよさげなやつをチョイス。

注文して届いたバーエンドの実物が想像以上に金ピカで不安に駆られつつ取り付けてみたらいい感じに頭悪そう(褒め言葉)で満足。セクシーさが増した気がする。ちなみにバーエンドとグリップ装着のために必死に押し込んでたら、左肩を変なねじり方して関節を痛めました(小声)

とりあえず試走のために滋賀にできためんたいパークまでひとっ走りしてみますか。

 

ポッシュバーエンドの感想

ヘビーバーエンドによるハンドルの振動減少はあんまし体感できなかった。手のひらの感覚に集中してみると僅かに振動が減少してる気はするんだけど、そもそも純正の時点でハンドルのあちこちに重りがしかけてあって常用回転域だとハンドルの振動が大したことないので、効果が体感でき無かったのかもしれない。

取り付け前に純正バーエンドと持ち比べてみると明らかにポッシュバーエンドのが重たかったのでぶん回して振動が大きい状況にすればもしかすると効果を体感できるかもと思った。

 

めんたいパークびわ

そんなこんなで到着〜はようめんたいまみれになろうぜ。

ジャンボ明太おにぎりと明太パスタを注文。パスタの方は特に特筆すべき点は無し。普通に美味しい。

ジャンボおにぎりの方はこれでもかと辛子明太子が埋め込まれてて、一口齧るだけで口の中が明太まみれになる、美味いぜ。かねふくの辛子明太子は美味しいけどなかなかいいお値段してるので、400円弱で浴びるほど明太子が食えると考えると普通にコスパいいのでは?

 

勿論めんたいソフトも注文。これを食べないとここに来た意味が無いよなぁ!?

「ソフトクリームと辛子明太子を食べた人のゲボ」など至る所で酷評の声を聞くめんたいソフトだけどもめんたいソフトを酷評していいのはめんたいソフトを食べたことがある人間だけ。ガチでソフトクリームの中に魚卵が浮いてるというアバンギャルドな出で立ちに怖れを抱きつつもいただきます。

味の感想としては別段マズくは無いスね、ギリギリ美味しいと言ってもいいんじゃないかな。普通のバニラソフトのが遥かに美味いのは置いといて、「赤城乳業の原罪」と名高いガリガリくんナポリタン味の時のような破壊力を覚悟していた身として肩透かしも良いとこだ。ピリ辛で明太の風味と粒々の食感が広がるソフトクリームという字面にするとなかなかヤバそうな味だけど、なぜか味としては不思議とまとまっている気がする。人類が食べることを想定されてる商品の範疇ですね。

ところでこの突き刺さってる明太せんべいだけど、これでめんたいソフトをディップして食べるのは塩辛さと甘さが口の中で殴り合ってるみたいで普通に不味かった。別々に食べる方がオススメだね。

ちなみに同じめんたいソフトを注文した見知らぬおばちゃんが一口食べたあと凄い形相でめんたいソフトを睨んでいた。なんでやろ??

 

 

そして別れ…

ところでこのニンジャくん、実はもう手放しちゃいました。乗り換えのため納車より先に下取りに出てもらった感じです。

バイクとしては全く不満もなく近所のお散歩からマジキチロングツーリングまでソツなくこなす優秀なバイクだったんだけども、4気筒への乗り換え欲の高まりが抑えられなかったのでお別れ。

5年近く所有して、原付を除けば現在最も付き合いが長い乗り物になるので正直寂しさは残る。グッバイニンジャ、フォーエバーニンジャ